ホーム »療養生活 二日目

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

療養生活 二日目

昨日より調子が良く、ほとんど普段通りの仕草をするようになりました

朝バリケンを開けると、普段通りに出てきて大きく伸びをしてゴロゴロとカーペット上を転がるしおん
今までと変わらない仕草にホッとします

そして、食欲も普段通りで便や尿にも異常はなく、本当に先日まで調子悪かったのが嘘のようなしおんが居ます

resize0258.jpg

ただ、安静にさせておかないといけません



暇を持て余してるしおんも見るのは辛いけど、今は私もしおんも我慢の時



楽しく散歩したりロープで思いっきり遊ぶのは、もう少しお預けです



resize0250.jpg

多少ストレス軽減になればと思い、好きなように壊してくださいといわんばかりにぬいぐるみを投入

しかし、見る見る可愛そうな状態になるぬいぐるみなので、数分で回収(笑






今日は雨降りの一日だったけど、少しだけ裏の公園内を散歩させました
本当に少しだけなんだけど、これで多少気持ちも晴れてくれれば嬉しいのだけどね








resize0254.jpg


こんな格好で寝てる姿を見ると「どこが悪かったの?」って錯覚してしまいそうになります






もう大丈夫だろう・・・って考えは捨ててます
ちゃんと症状を把握して、安全宣言が出てから普通の生活に戻そうと思っています

しおんがしゃべれたら苦労もないけど、それは飼い主だれでも思うことでしょうね
犬は痛みに強いと言われているので、痛がるようになったら手遅れだったと聞いたことがあります

まだ若いしおんに、脊椎疾患をこれからの生涯に背負わせたくないので、ちゃんと養生させるときはさせて元気で健康な体に戻してあげたいです









ドッグランも散歩もロープ遊びもディスクも逃げたりしないから(笑


そう考えながら、今は我慢の時でしおん家みんなで頑張ろう



resize0255.jpg


「ボク、暇なんだけど散歩いかないの?」

って顔して私を見るのは止めてね・・・



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ



ヘルニアの知り合いビーグルさんも居ますし、諸事情でディスクが出来なくなったお友達も居ます
みなさん、飼い主としての気苦労もたくさんあるだろうし、愛犬第一に考えた結果なんだろうと思っています

まだこれからの展開次第ですが、私の中では最悪のシナリオの場合も考えています
そうなって欲しくはないけど、ディスクが出来なくなっても一生ヘルニアと付き合っていくとしても・・・

スポンサーサイト

コメント

No title

本当に犬に話が出来たらと何度も思ったけど、こればっかりは無理なので一生懸命私達が観察するしかないんだよね。

犬は一般には痛みに強いと言われているけど、個体差があると思います。
我が家の先代ビーグルは痛みに対してはとても弱かったです。ちょっと足を捻っただけでもトイレも行けず、ゴハンも食べず。モカも比較的そうかも。
でも犬の治癒力のすごさは何度もびっくりしましたよ。

犬は人間と同じで頭を使うと結構疲れるし、ストレスの軽減にもなるそうです。
体に負担のかからないような頭を使う訓練や遊びでどうにか乗り切ってくださいね。

No title

そう 犬は 限界まで我慢するそうですから
本当 油断は できませんよね
こういう時 本当 口が利けたら思いますよ

しおん君もババさんも今が一番大事な時
皆が応援してるよ
乗り切ってね! ☆!

No title

しおん君、大丈夫ですか?
記事読んで、ビックリでした。
でも、良くなりつつあるみたいで、少し安心しました。
うちの先代犬も脊椎疾患になりましたが、
サプリや病院治療で、元気に走れるようになりました。
しばらくの安静、我慢の日々ですが、
パパさん・ママさん、しおん君も頑張って下さいね。

No title

しおんくーん、大丈夫ー?
しおんくんは元気そうですけど、多少違和感があっても犬は無理しちゃいますから、ここはパパさんがぐっと抑えてちゃんと治してあげてくださいね。

ディスクが脊椎に影響を与えたかもって件ですが、パパさんは体重管理も運動前後のケアもちゃんとされてるということですし、しおんくんはまだ2歳ですから、あまり関係ないのじゃないでしょうか?
それに、脊椎疾患とまだ決まったわけじゃないです。
最悪の場合の心の備えも必要ですが、ネガティブに考えて自分を責めたりしないでくださいね。
暑い時期の休養と思って、のんびりお休みしてください。

しおんくん、退屈かもしれないけど、また走れるようになるまでちょっとの辛抱ね!!

早く良くなりますように

大変ご心配のことと思います。

パパさんが前の記事に書かれているように、脊椎疾患は重症化しないと本当の原因はなかなか分からないようです。
ウチのクッキーが頸椎ヘルニアをやったのは6歳半でした。症状の悪化が急で最後には動けなくなり、脊髄造影X線撮影をしたら頸椎の椎間板からジェルが飛び出していたので緊急に手術をしました。手術は成功して、普通に走り回れるくらいまで回復することができました。ただ、それ以後は散歩の時は首に負担がかからないように首輪ではなくハーネスをするようにしました。
また、医者に「安静」の時期はトイレ以外はクレイトから出さないほうがよいと言われたので、調子が良さそうに見えても心を鬼にしてクレイトに閉じ込めていました。

しおん君の早期の回復をお祈りしています。

No title

moka-mamaさんへ
なるほど、頭を使ったトレーニングですね
良いかもしれませんが、どんなトレーニングが良いのでしょう・・・思い浮かばない
何か良い方法あれば教えてください


ランままさんへ
口が利けたら本当に楽ですよね
もう、しおんは元気いっぱいで体持て余してます
あと数日は安静期間なので我慢させるのが苦労しそうです


りんママさんへ
もうしばらくはお山への行けそうにないですね
連れて行くと、どうしても今まで通りに遊んでしまうと思うので^^;
りん家でも先代犬が脊椎疾患だったのですね
我が家でも、これからの容態次第ですがサプリを考えています


ハルさんへ
どうしてもドッグスポーツは、多少なりとも負担は掛けてると思うのです
今回はディスクのせいじゃなくても、これからはもっとケアをしてあげないとと思っています
お互い、愛犬に注意を払いながら楽しみましょう


ビーグルNZさんへ
う~ん、みなさん脊椎疾患を経験されてる飼い主さん多いのですね
今は一時的なものかも知れませんが、これからは凄く注意を払っていきたいとおもっています
早くOKが出て、夢の続きをしおんとしたいですからね

コメントの投稿

Secret

プロフィール

しおんパパ

Author:しおんパパ
しおん(2007.10.11生)
道産子ビーの成長記 
目指すはDiscDogBeagle♪

ディスクドッグ目指して健闘中!

最新記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。