ホーム »「TVタックル」でペットの話題

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TVタックル」でペットの話題

月曜日、いつも見てる「TVタックル」でペットに関する話題が取り上げられていました
最近は政治関係の話題ばかりだったので、こういう話題にも取り組んでもらえるのは嬉しい限りです

番組内では、子犬工場と呼ばれる乱繁殖を繰り返す悪徳ブリーダーの話や毎年殺処分される30万匹の命の話など
そして、狂犬病の接種率すら低下してるみたいですね

殺処分される子に対して自分が何を出来るのか?

そう考えても今の私には何ひとつ出来ないけど、マスコミなどで常に取り上げて貰う事で買い手(飼い手)側の意識が少しでも向上すれば良いのかなって思います

「ビートたけしのTVタックル」→公式HP(http://www.tv-asahi.co.jp/tvtackle/
視聴者からの意見・要望などが多ければマスコミも動く?



殺処分されるガス室が「ドリームボックス」と呼ばれてるんですね
何とも微妙なネーミング・・・

保健所で定期的に開かれてる「犬・猫 引き取り窓口」、まるで要らなくなった家具や家電のように連れたこられるペットたち

病気で「もう辛くて見てられない」と連れてこられた余命僅かなわんこも居ました・・・
何故、最後を看取ってあげられないんですかね?
「辛くて見てられない」なんて自分に対する良い言い訳 偽善ですよね
最後まで診て上げる気もなければ、病院で安楽死させてあげるお金が勿体無いように思えて仕方がない

情って湧かないのかな?
一緒に生活して、一緒に楽しい思い出もたくさん作ってきた大事な家族なのにね

イヤリングや時計などのアクセサリーと同じ?
家電みたいに動きが悪くなると捨てればいいの?


理解が出来ませんね・・・さとと-汗



にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
スポンサーサイト

コメント

私も見ましたよ
日本こん事で先進国って
いばれませんよね

ワンコを飼う人のモラルがなさすぎます
税金とったら やはり少しだも違うのかも・
でもその税金も納めない人がいるかもしれないし・

本当 飼う人の規制が欲しいですよね

私も偶然見ました。
一番ショックな映像、 死に際の子を
苦しむ姿を見てられないと引き取り要請したなんて。
なんでそんなことが出来るのでしょうかね~
でも、犬は なんで?なんて思っていないのかなぁ・・・
最後まで一緒にいたかったけど、
今まで育ててくれてありがとうって思っているんでしょうね。
犬ってやさしくて、純粋だし。
日本にも、しっかりとしたシェルターが出来るといいですね

理解できません
でも、はっきり
「動物は嫌いだからなんの関心もない」
「愛情は湧きません」
「近づくのも嫌だからどうでもいい」
と言う人も結構周りにいるのが・・・悲しいです

TVタックルは見ていませんが
しおんパパさんと同じ気持ちですよ。

一度、飼ったペット、一緒に暮らして悪さもするけど
情も移り家族に思える。
そんなペットを保健所に連れ込む人が沢山いる現実。

その人たちは、命をどう思っているのでしょうね。
私にそのペットたちを救うことは出来ません。

今できるのは、今一緒にいるバカ犬トーマスと
ずっと最後までいる事です。

ランままさんへ
マイクロチップ義務化などで、もっと厳格な登録制にしないといけませんよね
それに、税金を取るというのも良いかも知れません
わんこを飼うのに負担が増えるけど、それが嫌なら飼うな!でもいいのではないでしょうかね


れおままさんへ
理解出来ませんよね
うちの嫁さんは単純な人なので、寝てるしおんを抱きしめながらウルウルして見てました(笑
そういう人って、自分の親が寝たっきりになったら施設に入れて面会にも行かないんでしょうね


サスケ母さんへ
「動物は嫌い」で、動物には一切関わらないというのなら分かります
私も犬嫌いでしたから・・・
でも、自分で飼っておいて面倒見れないはねぇ・・・
最後まで責任持てよって思いますよね


mimotoさんへ
本当、ごく一部の飼い主なんですよね
みんな愛情持って一緒に暮らしてる家庭がほとんどなのにね
少しでも殺処分が減ってくれればいいですねぇ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

しおんパパ

Author:しおんパパ
しおん(2007.10.11生)
道産子ビーの成長記 
目指すはDiscDogBeagle♪

ディスクドッグ目指して健闘中!

最新記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。