ホーム »食後のデザート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食後のデザート

1日2回のご飯の時間
食べ終わると、食後のお楽しみがあります

111801.jpg

夏場は家庭菜園で採れたキュウリやプチトマトが出されてましたが、今はりんごなどがの果物が多い
我が家ではリンゴあまり食べないので、買い物ついでに見切り品のリンゴなどの果物を買います
人間が食べるのは多少ぼけたりと食感落ちるかもしれないけど、しおんは美味しく食べてくれますからね、見切り品でも大丈夫^^





愛犬家の為のブログをご紹介


さっぽろワンlife!
色々な情報や参考になる記事が多く、初心者飼い主の私には良い勉強になります
わんこの生活の参考にしてみてください


わんこ☆にゃんこライフ  「すてないで。」~わんこ・にゃんことの約束~
「すてないで。運動」
現在、動物達を家族に迎えている人これから迎えようとしている人。
ひとりひとりの意識改革を目指し、この言葉を伝えていく活動をしています。






「捨てないで」と言えば、ニュースZEROの特集で動物保護センターの実情をしていましたよね
私は他のブログで知り、ZEROの特集内容を動画サイトで拝見しました


今回、リアルタイムでもニュースZEROの特集を元に放送されたらしいです

殺処分の現実リアルタイム
殺処分リアルタイム2


残酷、可愛そうだけで終わらせてはいけない現実がありますよね

無責任に売らなければ、無責任に買わなければ、無責任に繁殖させなければ・・・


数ヶ月前、大型ホームセンターの入り口でペットフェアみたいなイベントをしてました
そこには仔犬などが展示販売されてたのですが、中には既に半年~1歳になるようなわんこまで居たんです

客「ねぇ~この子、もう少し安くならないの?」
生後半年ぐらいの仔犬を指して値切る客
店員「いや・・・これ以上は無理ですねぇ・・・」
客「もう、こんなに大きくなってるんだからいいじゃない!」
私が買ってあげないと買い手なんて見つからないわよ、とでも言いたそうな顔して食い下がる客

私はそれを見てて、魚屋で少し鮮度の落ちてきた刺身を値切るのと同じ?ぐらいの感覚で見ていました

1歳のジャックラッセルテリアには「散歩即OK!ワクチン&狂犬病済み 特価20,000円」
社会性は大丈夫? 1歳超えてからの躾って何処まで可能? 
色々考えちゃいますよね
それに特価20,000円の札が妙に引っかかります・・・



出会いはどうであれ、その後のその子の犬生が幸せならそれで良いと思うんです

ただ、そうじゃないわんこも決して少なくないという事も覚えておかないといけませんよね



色んなビーグルに会えますよ ポチッと! →にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
スポンサーサイト

コメント

家の子達もリンゴ大好きですよ あのシャキシャキした食感が良いみたいですね
そして あの特集見ましたよ あまりにも身勝手すぎる 人間に腹がたちます
そして今ペツトブーム ファションだけで 飼ってしまう人がいる事も事実だし ワンコを食べ物と 同じ感覚で買う人の気がいやですね 全部かそうだとは 限りませんが そん方が飼育放棄しそうな感もあります ワンコは 飼い主を選ぶことができないのです ワンコの一生をもらうのですから それなりの心構えを持ってもらって 少しでも不幸なワンコが増えないよう 願うだけですね

ワタシもブログで知って、見逃してたのでyoutubeで見ました。
目を覆いたくなるような現実ですよね。
ワタシたちにできるのは、うちにいる子を幸せな犬生を送らせてあげることぐらいしかできませんが、
これを見て、非常識な飼い主が一人でも減ってくれることを願います。
ホームセンターの入口でやってますよね。一度見たことがあります。犬を値切るって…生き物なのに…。心構えから姿勢から全て疑ってしまうような感じですよね。
そのワンコ、いい方が飼って下さるといいですね!

リンゴ、旬ですねー。
チャトも、あの赤い色の丸い物体!っていうので覚えてしまったようで、取り出すと喜んで鼻鳴らしてますよ。
保護センターの話などを見たり聞いたりするたびに、気軽な気持ちでペットを飼ってはいけない!と自分に言い聞かせてます。
デパートの催事場で、段ボールに入れられた子たちを見かけたこともありますが、簡単に手に入るから、手放すのも簡単にできてしまうのでしょうか・・・
ペットを飼うのって、やっぱり大変なことだと、覚悟しなくちゃいけないことも多いと思うんですよね。

見たかったんですが、見逃していた番組でした。
お陰様で見れて良かったです。
この様な番組をもっと沢山放送して欲しいものですね!
飼い始めて間もない犬を預けて行ったあの夫婦は・・・、
そして一旦は帰って行った後に戻ってきたあの女は・・・、本当に・・・!、
「犬にだって心があり、感情もあります、物ではありません」。
命の尊さをもっと分かって欲しいものです。

覚えていますか??崖っぷち犬を?!
崖の取り残されて降りられなくなった(?)
子犬(?)×2 だったかな??
里親になりたいと申し出た人もわんさかいましたよね。
その飼主が手におえなくなって保健所に引取りを
申し出たそうですよ。
飼主が言うに なつかないし、しつけができないとのこと。
保健所の方で動物愛護のシンボルとして飼育していくとの事ですうが
きっと世間体とかですよね、まさかあの犬を殺処分しましたとは
言えないからだと・・そう思います。
しかも、なんどか家出したらしく1年くらい野犬生活で
畑を荒らしたりの生活だったらしいです。
懐かないってことあるんでしょうかねぇ??
なんで飼ったのか疑問です。
たくさんの希望者がいたのになんでコノ人に・・・
この飼主さんからは 雑種だからしつけれないって
雰囲気が伝わってきたし、もぉ野良犬は飼いたくないっていってました。
コノ犬もコノ人に飼われているのがいやだったんでしょうね。


エリーが我が家へやってきて散歩中の犬などにも関心をもつようになりました。
それまでは道ですれちがう犬連れの人をわたしは避けるように車道側へ。
あきらかに「犬は苦手、キラい。無理」と避けていました。
子どもの頃に隣の家のアイヌ犬に噛まれて以来、キョーミなしでした。いまでも背中に傷あとあり。親の話によると、「じゃれついて、おまえに乗っかって遊んでいるうちに噛んだらしい」と言ってました。かなり出血してたのに田舎だから外科もないし、包帯されて終わり。隣のおばちゃんが謝りにきてたけどさ。わたしの幼なじみの家、そのこともその事件のときに一緒に遊んでいたのに、なんであたしだけ痛い思いしたのか、理不尽この↑ない出来事でした。
なのに今、犬を飼っている矛盾さ。
実家でも昔、つなぎっぱなしの「ペス」♂雑種を飼っていました。わたしが社会人になり、こっちへ出稼ぎに来ているときに、父が夕張の山へ捨てにいきました。全然きいてなくて実家へ帰ってきいたときは、「えーっ、なんでさ」と泣きましたよ。
父さん曰く「自由に山をかけまわるさ」だと。あいた口がそのまんま。話をきけば父の走り去るトラックをしばらく追いかけたそうです。なんてひどい鬼のような父さんなんだ、と思ったけど散歩なんてしてなかったし、ましてや去勢もしてなかった犬なので、自由にあちこち。。。
あー。かわいそう。夕張の山には鹿もクマもキツネもなんでもいる。イタチだってテンはどうか?
だから、動物管理センターの収容犬情報は見られない。思い出しちゃったよ。落ち込む。

レスです

ランままさんへ
一番なのは、売り手側も買い手側も責任を持つという事だと思いますよね
ただ、売り手は売ってなんぼ!という考えもあるでしょうから、買い手側が責任持って最後まで育てる意識を持って欲しいと思います


MIPPYさんへ
出会いはどうであれ、安心出来る飼い主の元で犬生を送れる事が一番ですよね
動画はショッキングな内容ですが、現実として受け止めないといけない事実ですよね


Nさんへ
ダンボールに仔犬入れて販売って・・・
少しは売り手側も考えろ!と言いたいですよね
確かに、手軽に買えてしまうのも問題なのでしょうけど買い手ももう少し責任持って欲しい


モカパパさんへ
あの物扱いする女の態度は腹立ちますよね
行きたくないって踏ん張るわんこの後ろ姿が・・・
それを見ても何とも思わないのでしょうね
例え数ヶ月でも一緒に暮らしてるのに、愛情の欠片もないのかな?


れおままさんへ
崖っぷち犬もその後、私も何かで聞いた事があります
その場の感情だけで飼ってしまったのでしょうね
懐かない、躾出来ないのを犬のせいにして、自分の努力が足りなかったのでは?と思うのは私だけかな
どうなんでしょうね


エリままさんへ
ままさんだけじゃないですよ
私も犬嫌いでしたから(笑
見るのも、近く通るのも嫌で「近寄るなオーラ」出してました
それが今では・・・(爆
夕張の山に捨てたという話、今では問題になるけど過去の話ですからね
多分、散歩や犬と遊ぶというコミュニケーション取らなければ当然懐かないと思いますよね

コメントの投稿

Secret

プロフィール

しおんパパ

Author:しおんパパ
しおん(2007.10.11生)
道産子ビーの成長記 
目指すはDiscDogBeagle♪

ディスクドッグ目指して健闘中!

最新記事
最新コメント
カテゴリー
月別アーカイブ(タブ)
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。